乾燥肌化粧水 口コミ

MENU

乾燥肌を改善するには化粧水選びが大切!

乾燥肌改善

乾燥肌で悩んでいる人って本当に多いですよね。私もそんな一人でした。

 

乾燥肌の皆さんはどんな種類の化粧水を使っていますか?
いろいろありますよね。さっぱりとしたタイプしっとりと潤いが持続するタイプ
アルコールが入っていて殺菌作用があるタイプ無添加とか自然由来などなど、化粧水には様々な種類がありますよね。

 

乾燥肌は、その名の通り「お肌の水分が足りず、カサカサの状態」になってしまったものをいいます。
ですので、乾燥肌にはしっとりした潤いを与えるタイプや乾燥肌向けの化粧水を選択することです。

 

乾燥肌を改善するには保湿を促進する成分であるヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、コエンザイムなど
が知られていますが、私としてはセラミドが含まれている化粧水が効果が高いと感じています。

 

セラミドは、元々人間の肌に含まれている成分なのですが、年齢とともに減少してきます。
そうするとお肌の水分が減り、乾燥肌がひどくなるとシワも増えてくるんですよね。特に30歳を超えると急にシワが出てきますし;^^

 

ですので、しっかりと保湿して予防していかなければなりません。化粧水は毎日お肌に潤いを与える大切な役目をしていますので、できるだけ効果のあるものを使ってください!

 

乾燥肌をしっかりと保湿してくれる化粧水はセラミドを含んでいいるものです。乾燥肌を改善するためにセラミド生成を促進してくれる化粧水を選ぶようにしてくださいね。

 

私はヒフミドを使っています。価格も高くないのでコスト的にも気に入っています。

 

ヒフミド公式サイトはコチラ


乾燥肌化粧水の口コミで効果が高いと評判なのはこちら

乾燥肌を改善したいという方のために、セラミド化粧水をおすすめしましたが、その種類は多く、何を使ったらよいのか迷ってしまいますよね。ですので、下記に効果が高いとの口コミを元にした乾燥肌用の化粧水を3つに絞ってご紹介しています。どれもセラミドが含まれており。乾燥肌化粧水の中でも評価の高いものばかりです。
トライアルセットもありますので、その効果を一度試してみてお肌に適しているか判断し、一番合うものを見つけていただけたらと思います。

小林製薬 ヒフミド コーセー 米肌 ディセンシア アヤナス

ヒフミド

一日中お肌の潤いを守ってくれます!

 

ヒフミドは、人間の肌に存在しているセラミドと全く同じ構造をしている『ヒト型セラミド』が配合されています。

 

合成セラミドと比較して、ヒト型セラミドは保湿力が約3倍もあり、お肌の水分を長時間逃さずキャッチしてくれます。だから一日中潤う肌を得ることができるのです。

 

敏感肌、乾燥肌に悩む人で、30歳から60歳までの多くの女性がヒフミドを使いはじめています。

 

ヒフミドを体験した人の95%が、また使用したいと回答するなど、高い満足度が口コミで広まっている化粧水です。

 

ヒフミド公式サイトはこちら

米肌

お米の力でセラミドを創り出しました!

 

米肌には、セラミドを産出させる「ライスパワーエキスNo.11」が含まれており、浸透しやすく、潤いあふれたお肌へと導いてくれるのです!

 

お肌の潤い不足が原因で生じる毛穴トラブルに着目し、セラミドを補い潤いを作りだし、毛穴トラブルに悩まない肌に促進していきます。

 

セラミドが豊富に含まれていて、キメが細かく整っている肌は美しく若返ってきます。

 

米肌は、年齢とともに減ってくるセラミドを補うことがのできる化粧水です。

 

米肌公式サイトはこちら

アヤナス

敏感肌・乾燥肌を守るディセンシアだけの特殊技術!アヤナスが新しくなりました!

 

乾燥肌対策には「セラミド」が重要な成分となります。
アヤナスには「セラミドナノスフィア」が配合され、通常のセラミドよりも1/20サイズのため肌の奥まで潤いを届けてくれます。
また糖化ケア美容液によって「たるみ毛穴」「黄ぐすみ」を改善します。

 

敏感肌が続くと、肌は乾燥し老けてみられるようになりますので、ぜひ早いうちから対策していきましょう。
ディセンシアは、バリア機能の強化エイジングケア化粧品として口コミ人気が高いです!

 

アヤナス公式サイトはこちら

 

乾燥肌対策はバリア機能を改善させることが重要です

乾燥肌対策で重要となるのが、角質層のバリア機能です。通常はバリア機能によって紫外線や外部からの刺激を防いでいますが、このバリア機能がうまく働かなくなると水分が蒸発し、お肌へのダメージをダイレクトに受けてしまうことになります。

 

お肌の乾燥というものは、皮脂の減少や角質細胞間脂質の減少によって、水分が不足している状態です。そのため水分を補ってあげる必要があります。同時にバリア機能を回復するために、お肌のケアをしていかなければなりません。お肌の乾燥はかゆみ、かさつき、しわ、しみ、炎症、にきびなどの様々なトラブルを引き起こしますので注意が必要です。

 

保湿ケアには「角質層の水分保持」が重要です。クレンジングや洗顔をすると皮脂や角質が洗い流されます。そのままだとすぐに顔の皮膚がつっぱり、乾燥肌になってしまいます。また年齢と共に代謝が落ちると、皮脂の分泌や角層間脂質は減少し、その結果、バリア機能が乱れます。

 

お肌の乾燥対策でおすすめなのが「セラミド」です。セラミドが角質細胞間脂質を埋めて角層が整うと、肌水分の蒸発を抑え、乾燥を防ぐことができるようになります。バリア機能が回復すると、紫外線や外部刺激をブロックしてくれますので肌トラブルを抑えてくれます。

 

ですので敏感肌、乾燥肌、アトピー肌にはセラミド配合の化粧水が最適といえます。セラミド配合の化粧水は乾燥肌の方から大きな支持を得ていますので、お肌トラブルに悩まれている方はぜひ試してください。きっと効果を実感できると思います。

乾燥肌の洗顔はやさしく

乾燥肌の方は、洗顔のときにあまり強くゴシゴシと洗い過ぎないよう気をつけてください。とにかく乾燥肌を改善して美肌になるためには、「やさしく」がキーワードです。泡で包み込むように洗ってください。

 

まず、たっぷりの泡を顔にのせて、手のひらを上下に動かし、押し付けます。このとき、泡を押すようにポンピングして、手は顔の皮膚に触れないようにします。顔全体をこのようにおこなっても、3分ぐらいの感じです。

 

朝起きたときには、温かい蒸しタオルで、なじませた後に、やさしく洗顔をおこなうことをおすすめします。

 

市販の洗顔料は、洗浄力が強めなので、洗顔料もやさしい敏感肌、乾燥肌タイプのものを使っていくほうがお肌にやさしいです。市販のドラッグストアなどに、格安の刺激がつよめの洗顔料がありますが、そういったものは乾燥肌改善におすすめはできません。

 

乾燥肌の方は、一般的に化粧水だけをお肌にパンパンとなじませて終わりという程度では、改善しませんので、その他ケアはきちんとおこなってください。

 

洗顔後の化粧水、乳液、ローションは低刺激のものを選択します。当たり前のことですが、乳液やローションを塗る前には、十分すぎるくらいの化粧水をお肌をなじませて、しっかりと水分を与えてください。化粧水を少しだけつけて、乳液を塗布すると、お肌が潤っていない状態で保護するような形を作ってしまいますので気をつけてください。

 

それともうひとつ、顔面用の加湿器をつかうとよいでしょう。入浴後に加湿器で潤すことで、次の日の朝も潤いがかなり改善します。シューっとした温かい湿気は気持ちが良く寝てしまいそうになるかもしれません。

 

洗顔をする必要がないってほんと??

最近、洗顔をする必要がないとか、言う人が増えていますがほんとうでしょうか?
芸能人でも水やぬるま湯で洗顔している人が多いといいます。だからこのような疑問が増えているのでしょうね。

 

お肌には個人差がありますし、年齢的にもお肌の油分が変わってきますので、その人に合わせた洗顔スタイルを選択していくことが大切です!

 

洗顔するとき、洗顔料を使ったほうがよいタイプの方もいます。逆に、洗顔料を使いすぎると乾燥しやすいため、洗顔料が適さない人もいます。乾燥肌の人は、水だけ、あるいはできるだけ刺激の少ない、油分を取りすぎない洗顔料が適していますし、油症のタイプは、しっかりと汚れを落としてくれるタイプの洗顔料が適しています。

 

いずれにせよ、お肌を美しく保つためには、汚れはきちんと洗い流していかなければならないということです。

 

顔を洗わないと、汚れが表面を防いで邪魔をするため、古い角質が徐々に蓄積されて分厚くなってきます。その厚みで肌にしみができたり、くすんだりしてしまいます。

 

お肌は、ターンオーバーといって、常に肌が生まれ変わっています。汚れを落とさなければターンオーバーがうまくいかずお肌のトラブルを引き起こします。そうするといくら良質な化粧水やローションを用いても、その効果は半減してしまいます。

 

きちんと洗顔をして汚れを落とすことで、化粧水や美容液の効果も高まり、お肌も潤ってきます。化粧ののりもよくなって若いお肌に蘇ってきますからね!

 

化粧水はどのようなものをもちいるべきかというと、お肌のバリア機構を崩さない、壊さないものが適しています。特に乾燥肌の方はバリア機能が低下していることが多いので、注意が必要です。個人的にはお肌のバリア機能を回復してくれる、セラミドが含まれている化粧水やローションをおすすめします^^

更新履歴