乾燥肌 保湿 セラミド

MENU

お肌を保湿するってどういうこと?

よく乾燥肌に対して、保湿をしなければならないという話を聞きますが、そもそも保湿とはどういったことをいうのでしょうか。どの程度が保湿できているのかわからない人も多いと思います。

 

お肌の保湿を定義してみると「お肌の湿気を保つこと」です。健康な肌の角層には約20〜30%の水分が含まれています。これが20%以下になると、いわゆる乾燥肌の状態です。ですので、乾燥しやすい季節、特に冬は空気中の湿度が40%ほどになるので、急激にお肌の水分が蒸発してしまうことになり、その結果、肌荒れが起こり、カサカサするお肌になります。ひどい人は、粉を吹いたようになり、肌はつっぱり、化粧水をつけたときにしみたりします。

 

乾燥肌になってくるとお肌は水分を補う働きを自動的に行いますが、その保湿作用も年齢と共に少なくなってきます。お肌の水分量も年齢とともに減少してきますので、お肌の潤いを補ってあげる必要があります。

 

お肌が潤っているということは、保湿できているということですが、実際にはほったらかしでは難しいといえます。お肌の保湿物質で一番保湿力が高いのはセラミドです。お肌の保湿物質は「皮質」「天然保湿因子」「セラミド角質細胞間脂質」の三つがあり、これらがお肌の保湿を担っています。その中で、セラミドは約80%もお肌の角層の水分量を守っています。ですのでセラミドはお肌の水分を守るために、とても大切な役割をしています。