お肌の乾燥 保湿成分

MENU

保湿成分を与えていますか

人間の肌には、元々お肌を潤すための保湿成分が含まれています。そのお肌の保湿成分が潤いを守ってくれています。その中でも中心となっている保湿成分が角質細胞間脂質と呼ばれるものです。

 

角質細胞間脂質とは、角質細胞の間にある脂質で、お肌の水分乾燥を防ぎ、お肌の水分量を守ってくれています。その40%をしめているのがセラミドです。角質細胞間脂質の量が減ったり、働きが悪くなるとお肌がの水分量の調節がうまくいかなくなり乾燥肌になってしまいます。

 

乾燥肌を改善するために、多くの人は、化粧水や美容液をなんとなく価格が安いからとか、量が多いからなどで選び、使っています。ただ単に塗りたくったりするだけであとはお肌が潤って改善すると考えています。ですが、なんでも化粧水を塗れば改善するのではなく、どのような化粧水、美容液を使っていくのかがとても大切なことです。それと、保湿ケアとはお肌の内側の水分を保って離さないことをいいます。ですので、保湿力のある化粧水や美容液を使うことです。

 

保湿力のある化粧水、美容液とはセラミドヒアルロン酸コラーゲンなどが配合されたものです。あまり安価な化粧水や美容液には、たいした成分が含まれていませんので、購入する際にはきちんと成分をチェックし、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが多く含まれていることを必ず確認してください。